2007年06月22日

えーっ

南アフリカでの親善試合で左膝の外側側副靭帯を損傷をして最低3ヶ月かかるそうです。
詳しくはこちら

プジョルの驚異的な回復力を持ってしても
来シーズンの開幕に間に合わないと思われます。
靭帯だしクセになるのはもっとイヤなのできっちり治して欲しいです。

今シーズンは怪我なくコンスタントに試合に出られたのに
最後の最後で怪我しますか・・・
ああ、また日本に来ないのね。


追記
こちらにも記事がありました。
バルサの公式サイトは損傷だけど、こちらには断裂と書いてありますね。
損傷と断裂では印象がまるで違うよ(泣)

また追記
公式サイトの日本語版
手術後の記事

外側側副靭帯について調べてみました。
外側側副靭帯損傷は膝に内反力が強制されて(膝の外側に張力が働いて)発生します。単独での損傷は少なく、多くは十字靭帯損傷を合併しております。症状は内側側副靭帯損傷とほぼ同様で、膝の痛みや腫れ、不安定感を訴え、運動制限や歩行障害を認めます。診察では膝に内反ストレスを加えると不安定性を訴えます。

治療は保存的治療と手術的治療とに分かれます。保存的治療はギプス固定や装具療法、筋力強化訓練にて経過観察します。しかし、外側側副靭帯損傷の大半は十字靭帯損傷を合併しているため、往々にして手術的治療が必要となります。術式は靭帯修復術や各種の再建術が検討されます。

引用-http://www.tahara-seikei.com/962.htm

「複雑な靭帯損傷だった」と執刀医がコメントしてるけど、
十字靭帯にまで影響が及んでいたのでしょうか・・・

優勝を逃したシーズン後のバケーションが全てリハビリ等に費やされるのは
かわいそうですが、こればかりは仕方ないのでリハビリに励んで欲しいです。
posted by かだ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカーの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。