2008年02月17日

第24節 レアル・サラゴサ×バルセロナ

決勝点のPKのファウルの笛が鳴った時、
何で笛がなったのかよくわかりませんでした。
ハンドのファウルを取られたファンフランにチェックをしに行った
プジョルが体でもぶつかってファウル取られたのかと思ったら
PKだったので驚きでした。

全体的にはまだまだ全然ですね。
でも、内容は前節より少しマシかな?
勝点3取れたし、首位との勝点も縮まったし、
この勝利をきっかけにして欲しいですね。

で、プジョルはお帰りなさい!
全治一か月が約二週間で戻ってくるのはさすがです^^;

それと、TVカメラさん、試合後のミリート兄弟の握手かハグは
映して欲しかったです〜。
弟が兄に向かって歩いて行ったその時に
カメラが切り替わって2人が映らなかったのは
アルゼンチン代表ファン的に残念でした。
posted by かだ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(2) | 07-08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。