2005年04月25日

マラガ戦

試合が始まる前、最悪引き分けかもしれないと
頭の中でぐるぐる思ってました。
前半終わった時点では2点差あるなんて思えない試合展開だったので
後半に何かあるかもと思っては胃が痛かったわけですが。

何かあるの何かはバルサに良いように転がってくれました。
この試合では、バルセロナの強さをまた確認できた気がしました。
ここ何シーズンかは良くないことだらけだったので
強いと言われても、信じきることができなかったのですが、
そろそろ「強い」と思ってもいいのかな。
いや、やっぱり気を緩めちゃダメなので、優勝するまではそう思わないことにします。

退場になったアモローゾのプジョルに対するファールのことですけど
プジョルの膝のあたりに円状の痣が出来てましたね。
頑張り過ぎ屋さんなのであれぐらいは普通かもしれないけど、
いつもよりピッチに倒れて痛がる回数が多かったので、
今回はちょっとハラハラしましたよ!
posted by かだ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3154968

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。